ホーム » 「見守りケア」タグがついた投稿

タグアーカイブ: 見守りケア

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近のコメント

    IoT化で介護スタッフの負担軽減

    介護施設や事業所で働く介護スタッフは、利用している高齢者のケアを中心として様々な業務を抱えています。

    特に大きな負担となりやすいのが書類作業などの事務作業や、転倒事故などを防ぐための高齢者の見守りケアです。

    事務作業は紙の書類に手作業で記入しているところが多く、複数の書類に似たような記録をしなければならないため、どうしても時間がかかってしまいます。

    また高齢者の見守りケアは自分たちの目が行き届かないところまでフォローする必要があり、複数の高齢者が同時に危険な行動をした際にフォローしきれないことも少なくありません。

    慢性的な人手不足を抱えている介護スタッフはこれらの業務を少人数で行わなければならず、身体的にも精神的にも大きな負担とされているのです。

    そのような介護スタッフの負担を軽減することが、IoTを導入する大きな目的の一つです。

    例えば書類関係を電子化することで、記録した内容が複数のデータに反映されます。

    そうすればいちいち別の書類に記録する必要や手間がなくなりますし、場所を問わずどこからでも情報を入力することができるため、ほかの業務と並行して行いやすくなるのです。

    さらに見守りケアに関しては様々な種類の見守りロボットがあり、それらを導入することで人の目が行き届かないところでも確実にカバーすることができます。

    見守りロボットの種類によっては動きの内容から行動の目的を予測することができるので、様子を見に行く必要があるのかどうかも判断できます。

    このような機能が、多くの介護スタッフの負担を軽減すると期待されているのです。