ホーム » 「介護施設」タグがついた投稿

タグアーカイブ: 介護施設

2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近のコメント

    負担軽減以外にもあるIoT化のメリット

    介護施設をIoT化することで、業務に従事するスタッフの負荷が軽減されていきます。
    昼夜問わずに要介護者のケアに従事する必要がある介護職は、体調を壊して離職するケースも少なくないのが実情です。
    慢性的な人手不足が問われる業界である以上、急な人員増加が難しい部分も、介護関連施設にはあるものです。
    センサーや介護ロボットなどのIoT機器を活用することにより、スタッフの業務負荷は下がります。
    スタッフの体調維持と離職率の低下をIoT化で得られるのです。

    持病や疾患を抱える高齢者の場合には、容態が急変することも有り得ます。
    広いエリアを誇る施設では、往来するだけでも、相当な体力を要してしまいます。
    要介護者の室内にセンサーやモニターを設置することで、余分な往来を防げるのです。
    集中監視が可能になれば、空いた時間を事務的な作業に充てたり、介護プランの捻出に使えたりするようになります。

    人間がケアを行う以上、人為的ミスは生じるものです。
    過労や長時間労働が常態化した施設では、不意にミスを招くことも有り得ます。
    生活援助のなかの定型的な業務をIoTで代替することで、介護の際におけるヒューマンエラーが無くなるのです。

    ミスの防止以外に、介護ロボットを寄り添わせることで、要介護者の認知症を防ぐことも可能となります。
    IoT化を進めることは、介護職の作業負荷を軽減させるだけではなく、要介護者の自立支援を導く効能もあるのです。
    また実際に導入されているIoT製品の一例がIoTは介護の現場をどう変えるかで紹介されているため、そちらも併せて見ておくとより深くIoT化のメリットを理解できるでしょう。

    IoT化を進めるにあたっては、政府が推進する助成金の活用も行えます。
    予算的に乏しい事業者であっても、少ない資金でIoT化ができるのです。