ホーム » 介護スタッフの負担の現状

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近のコメント

    介護スタッフの負担の現状

    介護スタッフは業務を行う上で1人1人の負担が大きくなっているのが現状ですが、そのポイントの一つとして挙げられているのが深刻な人手不足です。

    ある程度法律などで現場を回す最低限の人数が設定されているので、事業所や施設は最低限の人数を満たせるように努力をしています。

    ただ現状では事業所や施設によっては最低限の人数に達しないところもありますし、介護スタッフの体調不良や何らかの事情で欠勤者が出てしまうとそれを補うことができないところも少なくありません。

    その結果、事業所や施設が抱える高齢者を少人数の介護スタッフで介護していなかければならず、身体的にも精神的にも大きな負担となっています。

    そしてもう一つ介護スタッフの負担の現状として問題視されているのが、認知症高齢者の増加です。

    認知症には様々な種類があり、適切な環境を整えなければ症状が悪化してしまう傾向があります。

    ただ介護スタッフの数が少なく、事業所や施設によっては十分に適切なケアや環境を与えられないケースもあるようです。

    適切なケアや環境を与えられているところであっても、それを維持するのは現場の介護スタッフなので、複数の高齢者それぞれに合ったケアや環境を提供することに対する負担は大きいと言えます。

    ほかにも、利用している高齢者に対する思いや書類作業等の事務作業の多さなど様々な事情から、介護スタッフにかかっている負担が非常に大きいと考えられているのです。